「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 

事 業:食品包装容器製造
資本金:3億円
従業員:男性88名・女性46名
住 所:〒996-0053 山形県新庄市大字福田字福田山711番地139
電 話:0233-29-3611
ウェブ:www.yokota-co.co.jp



平成15年度入社 阿部祐見さん

◆この会社を知ったきっかけは

 大学で福島にいたのですが、その頃から、いずれは地元に戻りたいという希望でした。
卒業し、就職活動で地元の企業を調べていた時に、こちらの会社を知りまして、入社いたしました。

◆どんな仕事を担当していますか

 私は総務として主に製品の出荷管理や受発注管理を担当しています。
 また、去年から案内係も兼任しておりまして、当社に見学に来ていただいたお客様のご案内もしています。
見学に来てくださるのは、小学校や地域の区長会、町内会の方々と様々で、全国からいらっしゃいます。
 見学時に質問される事項も多岐に渡りますが、会社の取り組みや社長の思いを短時間でいがに伝えていくかを考え、日々努力しています。
たくさんのお客様から逆に学ばせていただけることが多いこの業務は、とても貴重でやりがいのある仕事だと思います。

◆案内業務は、コミュニケーションスキルが問われますね

 はい。私はもともと人と話すことが好きという性格でした。
 また、学生の頃には福島の競馬場で新聞販売のアルバイトをしたことがありますが、そこには本当に色々な方がいらっしゃいました。
その仕事を通して、お客さんと挨拶を交わしたり会話したりと、新聞をお金と引き換えるだけではない人間同士の触れあいのようなものがあり、とても楽しかった思い出です。
 こういった経験も、人と気軽にコミュニケーションができることに役立ったのかもしれませんね。

◆良いコミュニケーションとはどのようにすればできますか

 私にとって、アルバイトが単なる新聞の売り買いだけでなかったように、コミュニケーションというのは単なる言葉の伝達ではないと思います。
 それは言葉の背後にある考えや思いを伝えることが本当の目的で、言葉は器に過ぎないと思うんです。
考えや思いを伝えるにはまず自分の心を開かなくてはいけませんし、同様に相手にも心を開いてもらうには、言葉を投げつけるのではなく、何気ない会話から始まる気軽さや、相手へのいたわりの言葉から始まるプロセスが大切だと思います。

◆将来どんな最上であってほしいですか

 私には小さな子どもがおりますので、より子育てのしやすい地域であれば嬉しいですし、若い人にとっても、結婚や出産に対する後押しになると思います。
 当社は女性社員も多く、例えば子どもが急病になった時など突発的なスケジュールの変更にも柔軟に対応していただけますので、本当に助かります。
こういった子育て中の女性に特有の事情に配慮していただける企業が、最上地域にもっと増えたら良いなと思います。

◆後輩へアドバイスをお願いします

 まずは健康でなければ何事もできません。
働き始めて体調を崩したりしないように、日頃から生活習慣や健康に気を配ることが大事です。
 また、自分の中に閉じこもらずに仲間や同僚と話す、上司に相談するということも大切ですね。社会人として頑張りましょう!

 


カウンターで見学者へ説明
 

展示品の整理

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)