「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:総合建設業
資本金:8,800万円
従業員:男性215名 女性19名
住 所:〒996-0025山形県新庄市若葉町5番5号
電 話:0233-22-1537
ウェブ:kaki-zaki.co.jp



2002年度入社 工事課主任 今田大督さん


●この会社に入った経緯は

 中学生の頃、私の家の近所に仲が良かった先輩がおり建設業に就いていました。ある日、家の近くで道路工事の現場があり、その先輩が担当していたのです。
通りがかった私に声をかけてくれて、現場事務所に遊びに行くという機会がありました。
 その時に先輩が活き活きと働いている様子を見ることができてそれ以来建設業は楽しそうだという印象を持つようになりました。
進学の時にもその思いがありましたので、土木科がある工業高校に入り、卒業後はそのまま建設会社を志望して入社しました。

●実際に仕事をしてみた感想は

 決して楽な仕事ではありません。場合によっては残業もあります。
現場監督として大変なことも多いのですが、やりがいがある職種だと思います。

●仕事で気をつかうところは

 会社を背負っているという気持ちで現場を預かっていますし、責任のある立場なので緊張感があります。
とにかく現場が止まらないように、入念に事前の段取りをすることを心掛けていますね。
例えば資材が届かなかったり機械が動かない事態が起こり、現場が止まることになれば、その分だけ作業が止まり、工程が遅れることになります。

 また、実際の地形が設計図面の寸法とわずかに違っていて支障がでるという場合もあります。
そのような遅れの原因を事前に見つけて、話し合いをしたり作業の進み方を調整しておきます。
このような段取りをしてはじめてスムーズに現場の作業が進みますので重要な仕事ですし、監督として、考え方に応用力が求められます。

●応用力を高めるのはどうすれば

 仕事への興味を持つことです。
現場監督は知識と経験が重要ですが、経験は積み重ねていくものです。
その点、知識は調べればいろいろな情報として得ることができますし、いくらでも増やすことができますので、気になった事はすぐ調べて記録しておく習慣を身につけておくと良いと思いますよ。

 また、知識として知っていた事が、現場で実際に経験できた時は、頭のなかで点と点が結ばれ線になったような、知識が広がり、脈に落ちたという感触を味わうことがあります。
この腑に落ちたという実感とその経験や知識は、必ず次の仕事にも役立ちますし、それを重ねるごとにますます仕事に興味が湧いてきます。
とても楽しい仕事ですよ。

 

【先輩からひと言】
「例えば道路工事は、作った後に通るたびに自分が手掛けたという充実感が感じられますよ。」

 

 

【おしごとPoint!】
建設業は、国・都道府県・市町村の自治体が仕事を依頼する公共工事が占める割合が比較的多い業種。
費用には住民の税金があてられ、みんなで使うものや暮らしを守るものを造り社会を支えています。

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)