「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:総合建設業、生コン・骨材の製造販売
資本金:6,500万円
従業員:男性60名・女性4名
住 所:〒999-5311 山形県最上郡真室川町大字平岡1750-1
電 話:0233-62-2229



2013年度入社 原島芙幸さん


●この会社に入ったきっかけは

 父が土建業に勤めていたこともあり、小さな頃からこの仕事になじみがありました。
休みの日に父に職場に連れて行ってもらったこともありました。
 高校を卒業し、就職先を探していた時に、求人票の仕事内容に「管理」という言葉を見て、建設業に具体的な興味を持ちました。
建設会社に就職し、現場監督を務めてみると、現場全体を見て工程の管理や段取り、原価の管理をする仕事があり、それまで持っていた「土木」のイメージとの違いに驚きました。

●この仕事の大変さは

 現場に関する様々なことを常に気にかけ、全体を見なくてはならない仕事で、やるべきことが多くとても大変です。
例えば、交差点付近の道路を広げる工事などは、交通量も多い現場ですし段取りが頻繁に変わることも珍しくありません。
交通を止める時、交通規制や信号の切り替えのためには、警察との打ち合わせが必要です。

 さらに、掲示物を一般車両から見てどう配置すべきかまで考える必要もあります。
私は、高校の普通科卒業で、建設業界のことを何も知りませんでしたので、こういった段取りに関することを一つ一つ覚えるのが本当に大変でした。
入社した当初は正直「辞めたい」と思うことが何度もありました。

●どう乗り越えましたか

 そんな辛い時に、家族から「立ち止まってもいいからよく考えてみたら」とアドバイスをもらい、気持ちが吹っ切れました。
 嫌でもとにかく仕事に通い続けることです。すると、自分の嫌だという感情に次第に慣れてきて、そのうちに知らずに壁を越えていたということもあります。
またしばらくすれば、次の大変さがやって来ますが、そうやって向き合っているうちに、少しずつ何でもできるようになりましたね。

●後輩へのアドバイスを

 社会に出ると、学生時代に比べて大変なことが多く、時には理不尽なことで怒られたりする場面もあるかと思います。
 普段から、自分と向き合い、自身について客観的に考えられるようになっているのが良いと思います。
そうすれば、社会に出てからも、周囲の話を聞く素直さや、困難に直面しても、簡単に折れたりせずに乗り越えられる「心の耐久性」を持てるのではないかと思いますね。

 

【先輩からひと言】
「忙しい仕事もあります。できるだけストレスを溜めず、明るくすることで工程管理がスムーズに。身構えないのがコツ。」

 


【おしごとPoint!】
建設業は、公共工事や民間工事を通じて様々な人たちと関わりを持つ仕事です。
現場監督は、関係者たちとの間で、打ち合わせや会議などコミュニケーションが必要な機会が多くあります。

 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)