「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:医療業
職員数:男性26名・女性89名
住 所:〒996-0053山形県新庄市大字福田806
電 話:0233-22-2047


2011年入職 正看護師 金田香織さん

 

●仕事の内容を教えてください

 主に外来看護業務に携わっており、状況に応じて病棟に入る時もあります。具体的な仕事は、医師の指示に従って採血や注射、点滴などの処置を行います。
また、外来診療がスムーズに進むよう、関係部署との連携を図ります。

●看護師を志した経緯は

 私は中学生の頃から将来は看護師になりたいと思っていました。私の母親が看護師だったということもあり、看護師という職業が、私にとっては身近だったのかもしれません。
 衛生看護科のある高校に進学し、その後は盛岡の看護学校で正看護師の資格取得のために2年勉強しました。卒業と同時に山形に戻り、総合病院で約5年勤めました。
 早いもので看護師になって10年を越えました。

●この病院に入ったきっかけは

 山形の総合病院に勤めた後、結婚を機に新庄市に来ることになりました。その際に、こちらの明和病院を希望して入職したという形です。
 ここは精神科単科の病院としては最上地域で唯一の病院です。心の病を患った方にとって、なくてはならない存在だと思っています。

●精神科の重要性は高まっていると感じますか

 そうですね。最近では若い方の受診も多く、仕事や人間関係に悩み、心を患ってしまう方が増えているように感じます。
うつ病や統合失調症などの心の病のほかに、高齢化社会を反映して、認知症の患者さんも多くなっています。
 昔に比べ、精神医療に対する抵抗感は薄まってきているようで、受診される患者さんの年齢層はとても幅広くなっています。

●看護で大切なことは何でしょう

 看護師として働き始めたばかりの頃は、やらなくてはならない業務そのものしか見えていなかったと思います。自然な会話が出来ず、黙々と仕事をこなすような状態でした。
しかし、患者さんの不安や不満、病気に対する思いや家族に対する思いを聞き出す事は、看護する立場としてとても大切な事だと気付くようになりました。
聞き出す事だけでなく、何気ない会話で患者さんの気持ちがリラックスしたり、笑顔になれたり、正直な気持ちがぽろっとこぼれたり…。
そんなコミュニケーション力がとても大事だと私は感じています。
 そのためには患者さんの事をよく知る事。精神科では特に重要な事かもしれません。

 

【先輩からひと言】
看謹師は、痛みや不安をかかえている患者さんとその家族に接する仕事です。
安心感を与えられるような、自然で温かいコミュニケーションで、患者さんの検査や診察に対する緊張を和らげるじことが大切です。

【おしごとPoint!】
コミュニケーションの方法や会話のペースは人それぞれ。
表情や空気感を読み取り、相手に合わせてあげましょう。
 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)