「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 

事 業:通信用同軸コネクター、車載部品製造
資本金:9000万円
従業員:男性83名・女性72名
住 所:〒999-5402 山形県最上郡金山町大字金山849
電 話:0233-52-2031
ウェブ:kmco-y.com


モノづくりに発想力と独創性を
~コネクターから車載部品へ時代とともに展開~


取締役専務 星川新一さん

 

◆どのような会社でしょうか

 当社では、NC自動旋盤やマシニングセンター、プレス機械などを使って、部品加工を行っております。
 製品は自動変速機用の油圧制御に使われる部品などの車載部品が半数を占め月産約100万個ほどを製造しておりますし、その他に通信用同軸コネクターなど組立て品も造っています。
以前はコネクターを主力としていましたが、 ITバブル以降は車載部品にシフトしました。

 当社の創業は昭和47年ですが、その当時、国全体で電話網の整備が盛んに行われました。
電話交換機の中には多数のコネクター部品が使われていますので、その需要を見込んで増産しようとした際に、親会社の生産工場として発足したのが、当社の設立の経緯です。

 私は金山出身で工業高校を卒業後に、新庄の家具メーカーに就職して大阪で営業をしていました。
当時の仕事は大変面白く充実していましたから、地元に戻りたくなかったんですが(笑)、私自身は長男ということもあり、この会社が金山にできると聞き、学校で学んだことを生かせるのではないかと思い、転職する形で帰ってきました。
 創業当時からおりますので、43年間勤めていることになりますね。

◆最上で仕事するご感想は

 最上地域は農業が盛んで、ここ金山も農業が主要産業の町です。
ですが、私個人としては、多人数の方が暮らしている最上地域を農林業だけで成り立たせることはできないと思っています。
農林業に工業が加わってこそ、初めて人々の生活が成り立つくらいの収入を得ることができますから、そうやって産業間のバランスを取りながら地域全体が発展していく、共生のかたちが大切だと思いますね。
 その共生のためには、各々の産業の性質を理解することや、互いのコミュニケーションが何よりも大切と考えています。

 当社の兄弟会社に金山ケミテックという企業がありまして、ここでは部品のメッキ加工を行っています。
この工場を設立する際、近隣農家のご理解を得るまでに大変苦労したことがありました。

 農家の方は仕事柄、環境保全をとても気にかけ大事にされています。
その一方で工業の発展のためには工場が必要なのですが、その設立や展開は農業者に環境への懸念を抱かせることにもなりかねないのです。
 地域の発展のためには農業も工業も大切なものですから、互いの存在を認め共生していく必要があると、その時に強く思いました。

◆若い方に対する感想は

 独創性が低いという気がします。
考え方や解き方がすでに分かっていて、それを覚えて応用することで問題解決に向かうという能力も大切なのですが、今までに無いようなものの見方や考え方をする発想力や独創性は、我々のようなモノづくりを仕事とする業界ではとても大事な力となりますから、そういった独創性をもっと磨いていただけると良いと思います。

 当社の入社試験には頭の柔らかさを図る設問も設けておりまして、どれだけ柔軟で多面的に考えることができるかを見ています。
ですから当社の社員にはアイデアマンが多いと思いますよ(笑)。
モノの製造の仕方に対しても、またトラブルが起こった時の解決方法においても、こうしたらどうだろうというアイデアを常にみんなで出し合うために、豊富な発想力を持った方が望ましいです。

◆どうすればそういった人材が育つでしょうか

 頭に浮かんだこともそのままに口に出せるような素直さという、持って生まれた資質もあると思いますが、発想力のほとんどは、実際に仕事に就いて、日々の業務の中で同僚や上司とともに磨いていくものだと思います。
 当社は、そういう自由に発想を出せる雰囲気や、挑戦を促して新しいモノを生み出そうという勇気を持てる社風を大切にしています。
そういった創造性が豊かな若者に、ぜひ来ていただきたいですね。

 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)