「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 

事 業:システム開発、データベース、コンサルティング、指定管理
資本金:7600万円
従業員: 男性25名 女性9名
住 所:〒996-0091 山形県新庄市十日町6162番10
電 話:0233-29-2411
ウェブ:www.ticsca.co.jp


最上の情報化を後押ししたい
~情報サービスと公共施設運営で地域に貢献~


代表取締役社長 土田 稔さん

 

◆どのような会社でしょうか

 当社は、システム開発、データベース構築、コンサルティング、指定管理者制度上での施設管理運営の、4つの事業を展開しております。
システム開発はお客様として官公庁や行政が多いのですが、こういった発注先からのご要望に従って、コンピューターのネットワークを介して使う業務用のシステムを構築するといった事業になります。

 具体的な内容としては、人事管理、顧客管理、在庫管理などのシステム構築です。
提供しているのは、構築だけでなくその後の運用までを含めたトータルでのサービスもあります。
 その他に、ウェブサイトの作成と運用管理も行っておりますし、データベース事業については、アンケート調査など市場調査が多いですね。
今は、自治体や企業が意思決定をする際には、具体的にどういうデータがあるかを綿密に調べてから行うことが多いですので、市場の調査やアンケートを実施し報告書を作成するという一貫したサービスが求められています。

 その他には議会の議事録作成や、講師の派遣などのコンサルティング業務も行います。
指定管理業務の委託を受けている施設として、最上広域事務組合のゆめりあ、新庄市のわくわく新庄、雪の里情報情報館の3箇所があり、現在、職員を配置して運営管理を行っています。

◆発足の経緯を教えてください

 昭和62年に、新庄コンピュータ専門学校が開校しまして、卒業後の受け皿として同年の冬に当社が設立されました。
目的としては、若者の地域への定住と最上全体の情報化のお手伝いを行うというもので、以来、役割を担って運営しております。

◆これからの地域との関わりは

 当社としましては、コンピューターや情報処理を学んだ人材を、なるべく地元から採用したいと考えておりますし、指定管理制度については、地元の大切な施設をお預かりし上手に運営していくことで地元のみなさんに喜んでいただくことの2つの側面で、地元に貢献していきたいと考えています。

◆公共施設の運営を企業が担っているんですね

 はい。従来の官と民という2つに加えて、新しい公共という考え方があります。
これは、市民みんなで支え、みんなで成果を享受すべきものを、官民にこだわらず広く公共という視点で考え、施設や制度を担っていくという事で、こういった考え方はこれからの時代の必須になるのではないかなと思います。
 特に、官と民の間にあるような課題に対しては、新しい公共の視点からしか適切に対応できないのではないかなと思っているところです。
そういった意味でも、公共施設の運営を当社のような民間企業が担うことは、時代に沿っているように思います。

◆コンピューターや情報処理の考え方はどのように役立ちますか

 コンピューターを使って実社会のどんな問題をどう解決したいのか、違う分野の知識や経験といったものは必ず役に立つと思いますし、
普段の業務を客観的に評価することにもつながりますので、コンピューターに無縁の分野で頑張ってらっしゃる方も、情報といった視点から自分の仕事を見直してみるというのも決して無駄ではないと思います。

◆どんな方の入社を望みますか

 情報分野は変化が激しいですから、新しいことに食らいついていくような気概のある方が良いですね。
また、何かと女性の方が自己アピールが積極的で、上手な方が多いのかなという印象もあります。

 新卒の方には、経験や資格を求めません。
むしろ素直で頭が柔らかい白紙の状態で来ていただいた方が、より新しいことを吸収するのが早いという気がします。
ただ、当社の業務の性質上、豊富な経験やスキル、資格をお持ちの方も中途採用しておりますので、都会での業務経験を活かして地元で働こうというUターン希望者の方にも是非来ていただきたいですね。

 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)