「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 

事 業:建設コンサルタント業、測量業、補償コンサルタント業、地質調査業、建築士事務所
資本金:1000万円
従業員:男性52名・女性8名
住 所:〒996-0002 山形県新庄市金沢字谷地田1399番11
電 話:0233-22-0891
ウェブ:www.futaba-c.co.jp


それぞれが持つ文化に沿った発展を
~地域のインフラを計画と設計で支える~<


代表取締役社長 海藤 剛さん

 

◆どのような会社でしょうか

 当社は、道路や河川を中心とした土木工事に関する測量や設計、用地に関するサービスを提供しています。
用地とは公共工事で必要な土地を補償する際にかかる費用を算出するという業務です。
 また、災害時にはすぐに対応して現場で状況を調査し、復旧作業にかかるための基礎的データを提供します。
東日本大震災の時にも、発災から3、4日後には現地に入り、測量を行いました。
そのような緊急性の高い仕事も行いますので、そういった面でも社会的役割の一端を担っている企業だと思います。

 当社の開業は昭和42年で、私の父親が創業者です。
私は、大学院で土木について学んだ後、東京の大手建設コンサルタント会社に就職しました。
 そこに10年ほど勤めた中で1年間スリランカに行っていました。
それはJICAの仕事として、当地の国際空港や上下水道、ゴミ処理施設などの建築プロジェクトに設計業務で従事しました。

◆スリランカはいかがでしたか

 到着した時には、どこか懐かしいような雰囲気がありましたね。
現地の方は欧米のような物質的豊かさに憧れを抱いていましたが、私はそうではなく、スリランカ独自の発展の方向があると感じましたし、今まで培った文化を大切にすることがその方向だという気持ちがありました。
 例えばゴミ処理施設については、スリランカはまだ物品が不足している国で、ゴミ捨て場にはそれを再利用しようと人が頻繁にやって来て使えるモノを持っていきます。
日本は、お金をかけてリサイクルしているのに、スリランカでは自然発生的にそういった仕組みができていたのです。
これを保った方がお金もかからず、現地の方の生活の助けにもなりゴミの量も減らせて良いわけです。
 このように、お国柄や土地柄なりの発展の仕方というのはそれぞれにあると思っています。

 最上には最上の文化があり、最上の発展の方向もあると思うんです。
森林バイオマスを使ったエネルギーの自立地域になれるかもしれませんし、歴史や文化を核にした求心力もあるのかもしれません。
 この土地で生活し事業を行っている地元のコンサルタントだからこそその機微が分かるという特質を今後も生かしながら、地域のために仕事をしていきたいと思っています。

◆若者にどんな資質を求めますか

 便利な暮らしができるということは、誰かがその仕組みを作り、支えているという事です。
私たちは、その仕組みを計画するという、さらに下支えの仕事なんですね。
 そのような地味さはありますが、最近は技術革新が及び、例えばドローンで空中から直接土地測量行うなど、昔の3Kではなく実態は情報処理に近い知的な仕事です。
昔なら人手をかけて複雑に行っていたことを、最近は情報処理ツールを使って遥かに効率的に行いますし、それをさらに手際よく簡単に行えるように工夫できる若い方が増えたように思います。
 同じ目的の仕事をするにしてもその方法が変わるパラダイムシフトが起きていますので、この時代に適応し、効率化を考える能力のある方が一番望ましいですね。

◆今後の最上地域に望むことは

 最上には知的産業がまだまだ不足しているような印象があります。
企業誘致するにもそういった分野が望ましいのではないでしょうか。
 知的産業は人材そのものが生産基盤ですので、企業としては待遇を良くし定着していただかないことには人材が流出しますし、それは生産基盤そのものを失うことです。
これは我々のような業界だけに言えることではなく、全産業についても言えると思うのですが、待遇を高めたり、多様な働き方を導入したり、または高齢者や女性などこれまで埋もれていた人材の再活用を図るなどの方策が急務だと考えています。
 最上にいる人間を単に雇用するという視点ではなく、財産と考えてそこに投資するという考え方を持たないことには、特に若い方の人材流出は止められないと思っています。
 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)