「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:障がい者施設運営
資本金:2790万円
職員数:男性5名 女性29名
住 所:〒996-0002 山形県新庄市金沢1439-22
電 話:0233-23-6681


誰もが幸せに暮らせる地域に
~最適な障がい者支援サービスを複数の施設を展開~


代表理事 サービス管理責任者 齊藤千惠子さん


◆どのような団体でしょうか

 障がいをお持ちのお子さん、特にお子さんが発達障がいを持っているお母さん方が集まって、自分たちの子どもたちの遊び場づくりの活動のをされていたのですが、その活動を母体として発足した団体です。

平成13年には、障がいのある子どもたちのための学童保育園がくれよんはうすとして開園しました。
 私はその当時から、くれよんはうすに保育士として関わるようになりましたが、その後、福祉制度改革に伴ってくれよんはうすも学童保育から障がい福祉サービスへと変わっていきました。
基本的には、法律で受け入れ可能な人数定員が10名までと定められていますので、受け入れるお子さんの数が増えてくるにつれて、平成16年に青空はうす、にじいろはうすと増やしてきました。
 現在3つの施設があることによって、幼稚園から小学校低学年、小学校高学年から中学生、そして高校生以上と、入所対象者の年齢に合わせた3施設で最適なサービスを提供できるようにと工夫しています。

 このさくらはうすは、高等部であるくれよんはうすを巣立ったお子さんの受け皿としてのニーズを反映してできた施設です。
平成22年に開所しました。入所されている方の最年長は70歳を超える方もいらっしゃいますので、当団体が運営する事業は、赤ちゃんからお年寄りまで対象年齢を広くカバーする障がい者施設ということになりますね。

◆団体の理念を教えてください

 昔と違い、現代は障がいを社会のみんなでサポートしようという意識に変わってきました。それはとても大切なことだと思います。
障がいの有無に関わらず、誰しもが幸せに暮らしたいですよね。
 そういう当たり前のことを実現するために、今後もしっかりと運営していきたいと思っています。

◆最上地域で展開されてご感想は

 最上地区の福祉関係のサービスの多くは新庄市内にあります。
当団体の施設も新庄に展開しているのですが、入所されている方は最上全体にいらっしゃいます。
 冬期間の送迎などは、時間がかかったり危険が伴なったりもしますので、できれば他町村にも同様のサービスを提供する施設が出来てくれれば、障がいをお持ちのお子さんを持った親御さんたちの悩みや心配が、かなり軽減されていくのではないかと思います。

◆これからの展望は

 私たちが接している方たちの中で特に障がいの程度が重い方を対象としたグループホームの開設を、現在検討しているところです。
グループホームは職員が常にいながら24時間対応ができますし、よりきめ細やかなサポートが行えるのですが、そういった福祉サービスは最上地域にはまだ少ないのです。

◆職員を志す方にはどういった資質を求めますか

 入所しているお子さんには、自分の表現やコミュニケーションが難しい方が多いんですね。
ただ、彼らはうまく表現できないだけで、内側に持っている想いはたくさんあるんです。そういったものを上手に汲み取れる方がいいですね。
 中には、意欲にあふれて自分の思いだけで来られる方もいますが、むしろ一緒にいてホッとするような方、子どもたちと張り合ったり、受け止めたり、柔らかくコミュニケーションできる方が良いと思います。

◆柔らかなコミュニケーションとは

 世の中には様々な考え方や境遇の人がいらっしゃいます。
そういった複雑な社会を生きていく上で、必ずしも正しいか誤りかといった二元論で割り切れることばかりではありません。
 時には、誤りや間違いをそのまま受け止めることも大事なことでしょう。
そんな柔軟さや寛容さを失くしてしまっては、障がい者だけでなく健常の方も生きづらい世の中になるのではないかなと思います。

 柔らかなコミュニケーションとは、まずはその人のそのままを受け入れることです。
そんな懐の深さや、考え方を持つことは、障がい者福祉に限らず、社会を営んでいく上でとても大切なことのように思います。
 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)