「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:総合建設業
資本金:2,000万円
従業員:男性40名・女性4名
住 所:〒996-0001 山形県新庄市五日町字宮内322-1
電 話:0233-22-8111
ウェブ:www.nagai-construction.com


社会インフラ整備で地域に貢献したい
~仕事を通して次世代を育成し地域の存続を図る~


代表取締役 永井敏行さん


●どのような会社でしょうか

 当社は、総合建設業として建築のほか、土木工事を手がけております。
国・県・市町村などの公共工事が多く、道路の維持や橋梁・護岸の工事、砂防ダム建設のほかにも、冬季は道路除雪も行っています。いわば社会インフラ整備という仕事です。

●最上地域で仕事されてご感想は

 父親が当社の創業者で、私は二代目の社長です。東京の大学を卒業後、1977年に10年を越えました。
最上に帰った当時は、技術者としていろいろ勉強しなくてはという考えが強くありましたが、今は、社長として会社全体を見なければいけないですし、利益をきちんと上げて社員に給料を支払わなければなりません。
 会社を経営するという気持ちと同時に、仕事を通して地域に貢献していきたいという想いは歳と共に強くなってきています。

●勤めている方も大切ですね

 はい。少々大げさな言い方かもしれませんが、勤めてくれている社員に仕事を通してどのように幸せを感じてもらえるかを、より考えるようになりました。
建設業の役割として、社会インフラを作るだけでなく、地域の中でどれだけ貢献できる存在になるかという視点も必要です。
会社として長く存続していくにはそういった公の視点が欠かせない時代だと思います。

 また、建設業は自然災害からの復旧復興のお手伝いとして欠かせない存在でもあります。
自然災害は、もちろん無い方が良いのですが、自然豊かな日本では避けられないことでもあります。
時に起こる自然災害は、建設業に携わる私たちに、社会の中で自分たちの役割の大切さを、図らずも思い起こさせてくれますね。

●多数の現場の管理はどのように

 工事現場には「現場代理人」として監督者がいます。
この代理人には経営者の代わりとなり工事を担当してもらいますので、それぞれの方に責任感を持って仕事に当たってもらっています。

●任せるには怖さもあります

 はい。怖さがないと言えば嘘になりますね。
しかし、社員を信じて仕事を任せるのが経営者の仕事の一つでもあります。
責任を背負って一つの現場をやり通し、目に見えるものが出来上がった時、人も成長する。これが建設業の醍醐味だと思いますよ。

 また、その過程で地域住民の方との調整や様々な関係者との関わり合いもあります。
土や機械に向き合うだけでなく、人や人との関係性にも目を配らなければなりません。
土木技術者というのはある意味でオールマイティな仕事なんですね。

●若者にどんな資質を求めますか

 第一に「素直さ」です。それさえあれば少しわんぱくでも良いのです。むしろその方が良かったりしますから。
やたらと人と違った考えを持つよりも、人の話に耳を傾け、受け止められる資質、それが「素直さ」だと思います。
人と話そうという時には、まず素直に相手の声を聴くことで、うまくコミュニケーションが取れるのだと思います。
 そういった意味でも素直な気持ちや態度を持つことはとても大事なことですね。

●新しいことが好きだとお聞きしました

 はい。私自身、新しもの好きの性格で様々なことに興味があります。
再生可能エネルギーの活用を目指す会社である「もがみ自然エネルギー株式会社」の代表も務めておりますが、それも、そんな私の性格が影響しているのでしょう(笑)。
 最近は人工知能にも大変興味があります。でも、今から学び直すのも大変ですね(笑)。

 新しさへの興味や精神の若々しさを保つためには、業種を問わずいろいろな方とお話をするのが一番良いのかもしれません。
若い人たちには、新しいものへの興味をぜひとも持ち続けていただきたいと思います。
 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)