「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:印刷業
資本金:1,000万円
従業員:男性13名・女性5名
住 所:〒996-0028 山形県新庄市万場町2-3
電 話:0233-22-2813


印刷物が持つ手触りを大切にしたい
~個人から企業までさまざまな印刷ニーズに対応~


代表取締役 井上裕之さん


●どのような会社ですか

 当社は、地域の印刷物全般を製作している会社です。
お客様が企業の場合は、例えば名刺や封筒、納品書や請求書などの書類が多く、県や市町村の場合には、広報誌やポスター、パンフレットなどが多いですね。
 個人のお客様からは、年賀状や喪中はがき、その他には、学校新聞や地域のお祭りをお知らせする印刷物の依頼があります。
これらのレイアウトデザインから印刷工程までを行っています。

●創業はいつ頃でしょう

 1950年です。祖父が創業し、私は3代目の社長となります。
当社が創業した時期は、第二次大戦後まもなくの頃で、日本全体が復興の時代でした。
 祖父は読書家で、普段から本や印刷物になじみがあった人でした。
祖父が戦後世の中が立ち直っていく様子を見て、今後ますます印刷物が重要になると考え、この印刷会社を設立したと聞いております。

●社長も本がお好きと聞きました

 はい。私も本が好きで、特に小説をよく読みます。
最近は、文章をパソコンのディスプレイやタブレットで見ることが増え、活字離れが進んでいます。
しかし、紙に印刷された書物は残っていくと思っています。

 デジタルの便利さはありますが、ある程度の年齢になると、原点回帰というか、あらためてデジタルにはないものを求め、紙の本が良くなってくるんですよ(笑)。
音楽の世界でも、インターネットを通して音楽データをダウンロードすることが主流になっていますが、同時にアナログのレコード盤も見直され始めています。
また、カメラでは、デジタルカメラ全盛の時代に、風合いを感じられるフィルムの再生産が始まったりしていますよね。

 同じように、触れたときの手触りや紙やインクの匂いとともに、その時々に自らの中に刻む思い出が、本や印刷物として手元に存在し続けてくれる、ある種の安心感は、デジタル書物には代えられない紙の書物の良さであると私は思っています。

●会社を引き継いだ経緯は

 東京で大学生活を送った後、印刷業や広告代理店に勤務して、地元に戻りました。
いずれは、この会社を継ぐつもりでしたので、企画やデザインを学ぶために1年間、同業他社で勉強し、この会社に入りました。
地元に戻って27年目、社長業を継いで1年目です。

●最上地域のご感想は

 時間の流れが緩やかで、住みやすさを実感しています。
都会暮らしの経験から言えることですが、東京は通勤や通学でかなりの労力を取られます。
余暇を過ごす余裕もないような気ぜわしい生活は、豊かとは言えないと思います。
 現代は、地方で暮らしても情報をタイムリーに得られる時代です。
生活する上での不便さは昔に比べてなくなってきているのではないでしょうか。

●ご自身の若い頃と現代に違いは

 私が若い頃は、いわゆるバブル全盛期で、今の若い世代より元気がありました。
それに比べると、最近の若者は、冒険をしないような、こじんまりした人が多いと感じますね。
夢や希望もあると思うのですが、それを熱く語り合ってもらいたいですね。
また、ここぞという時に羽目を外して遊ぶというようなパワーも持ってもらいたいです。

 仕事の面では、与えられたことに真面目で、堅実に取り組む姿勢を持っています。
現代の若者の新しい提案や発想の自由さなど、若い感覚を仕事の現場にもっと取り入れていけば、会社全体が活気づくのではないかと思いますね。
現代の若者の個性を、前向きに受け入れていきたいと思います。

 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)