「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 


事 業:食品小売、飲食業
資本金:100万円
従業員:男性5名・女性9名
住 所:〒996-0033 山形県新庄市下金沢15-11
電 話:0233-23-2812
ウェブ:www.shokuchika.jp


地元を拠点として海外にはばたく
~日本流の鮮魚管理を武器に海外展開をめざす~


代表取締役 福原和輝さん


●どのような会社でしょうか

 「食の力で世界を変えていく」が当社の経営理念です。
 もともとは、1945年から私の祖父が新庄で始めた鮮魚店が母体です。
当時は戦争が終わって間もない頃でしたので物資も少なく、魚を食べたいというお客様がたくさんいらっしゃいました。
そこで鮮魚店を始め、現在まで続いてきました。

 私は、その家に生まれ、幼いころから家業の様子を見てきましたし、鮮魚店の手伝いもしました。
小学校の授業が終わってから、友だちが遊びに行くなか、自分だけは家業の手伝いで配達にいかなければならないこともあり、それは子ども心には辛い思い出でした(笑)。
でも、商売の厳しさや、お客様の喜ぶ顔を小さな頃から知ることができたのは良かったと思っています。

 中学校を卒業してから新庄を離れ、高校・大学は他の地域で学び、卒業後は東京の外食産業に就職し仕事をしていましたが、地元に戻って鮮魚店を継ぎ、2014年に「食の力コ―ポレーション」を設立しました。

●海外に展開されるとのことですね

 はい。会社設立当初から海外に展開したいと考えていました。2018年に、タイのバンコクで現地法人を設立することになっています。
そこではタイ国内で水揚げした鮮魚を、タイ国内で流通させるという構想です。

 タイでは、魚を煮たり揚げたりすることが多いのですが、最近の和食ブームで、タイ国内には1,000店舗以上の和食の店があります。
そこを対象にタイ国内で水揚げした魚を、日本流の高度な鮮度管理を施した新鮮な状態で食べていただきたいという考えです。

●海外に飛び出すことへの不安は

 ありませんでした。
もちろん一人で走り出したわけではなく、事前に銀行などのありとあらゆるところに相談しました。、
中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構、漁師、海洋大学の先生、タイ大使館の書記官など、会った人には常に自分の考えや思いを伝えてきました。

●すばらしい行動力ですね

 仕事をしていくということは、いつでも次の一手を考えていなくてはいけません。
また、少しでも動き出してこれはいけるという感触を得たならば、後は思い切って進むしかないと思います。

●企業で働くこととは

 私が初めて入った外食産業の会社では各自、与えられた役割を100%全うすることを教えられました。
また、一生懸命頑張ったうえでの失敗は許されたのですが、何も努力しないでした失敗には責任を厳しく問われました。
 やはり、社会に出て仕事をするということは、厳しさに直面することだと思います。
もちろん厳しさだけではなく、夢や希望を持ってもらいたいです。

 会社は組織ですので、仕事をするうえで、会社に勤めている者に共通の夢である「企業理念」を共有し、それを実現することを社員の夢としてともに仕事をしてもらうことが大事だと思います。

●若者に求めることは何ですか

 挨拶と身だしなみです。
鮮魚や食品を扱う仕事ですのでファッションとしての個人の自己表現とは別に、ふさわしい身だしなみを求めますね。
例えば、髪は短髪や束ねていたり、爪は短く清潔にしていることです。

 内面的には、過剰な自信は持たなくて良いのですが、将来こうなりたいというビジョンや、自分自身をきちんと理解して胸を張っている、殻に閉じこもらず、自分を表現できることが望ましいですね。

●内面はどうやって見るのでしょう

 就職活動で。、画一的なスーツ姿に隠されてしまうとその人が持つ個性や内面はうかがい知ることができないと思います。
むしろ、そんな時こそ、普段の私服で来ていただければ、その人の内面がよく見えるのかもしれません。
 


 

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)