「くらしごと」は山形県北部最上地域(新庄,金山,真室川,最上,舟形,鮭川,戸沢,大蔵)にある企業・仕事の情報や、子育て,就職,就業,転職,Uターン,移住など暮らしの情報サイトです。

 

事 業:総合建設業、住宅建築
資本金:2000万円
従業員:男性38名・女性4名
住 所:〒996-0091 山形県新庄市十日町6397-17
電 話:0233-22-8017
ウェブ:numazawa-koumuten.co.jp


棟梁兼営業 吉田道人さん

◆普段のお仕事はどういったことを

 木造家屋を建てる大工です。それに、お客様への説明や内覧会でのご案内など、営業の仕事も分担します。
 現場では、材料を刻んで実際に使う部材に加工して組み立てていくわけですが、棟梁独特の仕事として刻む寸法の材料への墨付があります。
さらに家を建てていく実際のスケジュールを管理する、建築工事を取り仕切る役目になりますね。
 また、施主さんや現場監督、納入業者などのやりとりや打ち合わせも大事な仕事です。
昔は棟梁がすべてを見ていましたが、現代は家を建てるにも様々な書類や手続きが必要ですので、その部分は施工管理技師が現場監督という形で担当するように分かれているのが一般的です。

◆気をつけている点は

 今は高度情報化社会で、お客様の知識や情報が幅広く深くなって来ていますので、要望にきちんと答えながらも、それ以上の満足を生み出すことがこの仕事の大切さですし、難しいところですね。
 また、職人も高齢化が進んでいまして、年輩の大工もたくさん働いていますので、現場での作業に当たっての気遣いも同時に行う必要があります。
それに若い職人には技術的な面で指導もしなければいけませんし、あまり仕事の負担がのしかかって辞めたりしないようにするなどの配慮も必要ですね。

◆この仕事を志したきっかけは

 もともと余り勉強は好きではありませんで(笑)、体を動かす方が好きでしたので、将来も体を動かす仕事に就きたいなと思っていました。
 また、私の親戚には建設業界で働く人が多く、小さい頃から「自分がやった仕事が何年も形としての残るやりがいのある仕事だよ。」という話を聞いていたのが大きかったと思います。
それで、高等専門学校の木造建築科に進み、2年間勉強してから大工の見習いとして修行してきました。

◆働いてのご感想を聞かせて下さい

 社長がとにかく木造建築に熱心で判断や評価がスピーディーな人ですので励みになります。
 また、木造建築にかける想いが大変強く、私たち棟梁にもきめ細かい技術指導をしてくれます。いつか大工として社長を超えるのが夢ですね。
現代の住宅はだいたい4種類の建て方があり、そのひとつが当社が手掛ける在来軸組み工法ですが、この工法は覚えなければいけない事が多いですし、工期も長くなります。
ですが、その分何より面白いですし飽きないですね。
 大工の腕を存分に振るえる会社だと思いますよ。

◆ご苦労する点は何でしょう

 棟梁として材料に墨付(すみつけ)をしますが、それを間違えたら上棟できないわけですから、難しい現場になると夜も眠れなくなることもありますよ。
 また、部材が大変高額な銘木だったりすると、やっぱり今でもドキドキしますね(笑)。

◆大工を目指す若者にアドバイスを

 現在入社2年目の弟子を教育していますが、若手とのコミュニケーション不足にならないよう、気遣っています。
 私が修行した頃は「先輩の仕事を見て覚える」という時代でしたので、接し方が今とはずいぶん異なる印象がありますね。 
 大工を目指す若い人には、学生の頃から、同世代だけでなくもっと年配の人とのコミュニケーションや、建築業界特有の価値観に慣れておくことが大事だと言ってあげたいですね。
地域の消防団もいいでしょうし、親戚や祖父祖母と普段からよく話してもいいし、上の世代とのコミュニケーション能力を高める機会は身の回りにもあると思いますよ。

◆建築工法はどのようなものですか

 手がけている在来軸組工法は、地元で育った材料を、地元の林業業者が切り出して製材し、それを使います。
 また、家を使い終えて解体する時には、古材を再利用するなど、最初から最後まで山形県で完結することができる唯一の工法です。
これからの時代、地産地消やエコロジーの考え方に一番適している工法だと思いますね。 

 


柱の加工作業

 

リンク

山形県就職情報サイト

ものづくりヤマガタ情報サイト

山形県移住交流ポータルサイト

やまがた21 人財バンク


ダウンロード

もがみに帰るヒント集
「もがみに帰るヒント集」
(PDF 4p:13.2MB)