地方の急激な人口減少・高齢化から、インフラの守り手たる建設生産人口が急減しています。
対応策として生産性向上の切り札は、ドローン(3次元測量)・ICT建設機械による施工。
これらの効率化で建設生産プロセスの
2割向上を、国をあげて目指しています。
平成29年度現在、1570件のICT土工を対象として、506件の工事が進展中です。
 
永井建設は、これら新しい建設業への転換を進めながら、地元のインフラ整備と保全の担い手としてこれからもさらなる業務の推進に務めてまいります。

建設業のススメ
 
Q. 建設業(construction)とは?
 
A. ⼯事の完成を請け負う業種です!!
 
Q. 主な⼯事の内容は?
 
A. インフラ整備(公共⼯事)が主となります。
 
Q. インフラとは?

 
A. インフラストラクチャー(infrastructure)の略で、もともとは「下部構造」という意味です。道路・鉄道・上下⽔道・送電網・港湾・ダム・通信施設など「産業の基盤となる施設」をさします。
susume-1.JPG
 
Q. 土木工事の種類 公共工事とは?

 
A. 公共⼯事とは、国・都道府県・市区町村などの⾏政府などが、道路や橋などの社会資本の整備を⽬的として⾏われる建設⼯事のことです。
susume-2.JPG

susume-3.JPG
 
Q. 技術者(エンジニア)の仕事
 
A. 工事を進める大まかな流れ
susume-4.JPG
 
Q. 土木工事の魅力


 
A. 土木建築物は、様々な職種(とび、土工、コンクリート工など)の人々の協力によって完成するものです。つまり土木工事業は、人やモノを動かして形あるものを作り上げていくダイナミックな仕事です。
susume-5.JPG
 
Q. 土木工事の将来

 
A. 土木工事業は、自然を多く取り入れた河川の護岸造りに見られるような、環境を考えた土木技術の発達により、人々の暮らしに潤いを作り出していきます。
また、災害に強く人に優しい社会を作るためにも、今後ますます重要となります。
 
Q. 技術者の具体的実務
 

A.大きく分けて以下の3種類になります。
1【施工管理】日々の工程管理(労務や資材・機材管理も含みます)を行います。

2【安全管理】朝礼や危険予知活動・現場内を巡回し、安全施設を点検、日々の仮設備や銃器の点検簿や安全書類をチェックし指導します。

3【書類作成】発注者との書類のやり取りをします。(最近ではASPを利用し、ネット経由で書類を共有します)

 

Q. 自分に合った仕事とは?

 

A. 誰しもがいきなり仕事ができるようになるわけではありません。仕事を続けていけるのは、仕事そのものの他にも会社や仲間に育ててもらいながら、責任感と誇りをもたせていただくからこそなのです。

会社が求めている人材は、必ずしも能力のあるものだけではなく、責任感が強くやる気のある方を求めているのです。

仕事が自分に合うかではなく、自分を合わせていける=誇りの持てる仕事として、建設業を選択していただきたいと思います。
 

当社の主な業務内容
 
主要取引先 国土交通省・山形県・新庄市および近隣町村・土地改良区・民間企業・個人等
公共工事 橋梁工事・道路改良工事・道路舗装工事・河川災害復旧工事・砂防工事・圃場整備工事・除雪等
民間工事 太陽光発電設備設置工事・宅地造成工事等
ICT導入事例

DRONE2.jpg
〇 ドローン導入 施工業者講習・実習を受講(平成27年)→対象工事で活用中

 

GPS3.jpg

〇 GPS測量機器導入(平成27年)→土木現場の施工効率が飛躍的に向上
   

〇道路整備

results02.jpg

社会生活を支えるさまざまな構築物。道路や橋梁などの社会インフラを整備し保守することで日々の暮らしのなかでインフラをより便利に、またいつでも安心して使える状態に保つことで、永井建設は地域社会のお役に立っています。

〇大規模地滑りにより寸断された国道458号線と名湯肘折温泉を結ぶ重要道路を開通
(大蔵村・肘折希望大橋 全長240m国内最長の鋼製ラーメン構造の桟道橋)

〇道路舗装

results04.jpg

自動車が通る道路のみならず、町なかや宅地においてもスムーズな通行には道路の舗装が欠かせません。
永井建設は、道路の舗装工事を行い、人や車両の通行を円滑にするお手伝いをしています。

(新庄市・駅前商店街歩道)

〇災害復旧

result09.jpg

国土の多くに自然が残る日本のなかでも、最上地域は特に緑豊かな土地柄です。
時に起こる自然災害に伴うインフラや構築物への被害をいち早く復旧し、地域の安全を守る役割を担っています。

(大蔵村・肘折地区 地滑り災害発生~希望大橋建設)

〇砂防堰堤

results03.jpg

山地を豪雨が襲った場合、集まった多くの雨水は濁流となり下流の家々に被害をもたらすことがあります。そういった濁流や土石流の被害を食い止めるために設置されるのが砂防堰堤(さぼうえんてい)。
永井建設は、最上地域各所に砂防堰堤を構築する工事を通して、地域の安全に寄与しています。

〇霊峰月山を源とする急流河川銅山川・横道沢第5砂防堰堤
(不透過型鋼製砂防堰堤 堤長67m 堤高13m)

〇橋梁工事

results08.jpg

地域の発展には、人の交流や物流を支える交通網の拡充がとても大切です。特に最上地域は、東北地方の真ん中に位置し、仙台と庄内、また山形と秋田をつなぐ要衝でもあります。
当社は、橋梁工事を請け負うことで道路交通網建設に貢献しています。

〇地域高規格道路「新庄酒田道路」の一部で、日本三大急流のひとつ最上川に架かる「古口大橋」(戸沢村)

〇道路除雪

result09.jpg

最上地域は豪雪地帯としても知られています。時に一晩で数十センチも降ってしまう雪が日々の生活や地域経済の妨げとならないよう、除雪を円滑に行い冬の最上地域の安全に貢献しています。
当社は、ロータリー除雪車4台、ドーザー4台で道路除雪作業を行っています。

〇山形県委託業務・一般国道458号線

〇道路維持

results05.jpg

一年を通して国道・県道・市道等の通行を阻害するものの除去や、道路の補修を通じた道路維持を行い、スムーズな通行を確保しています。