◎タバコをやめたいと思っている方へ

タバコは病気の原因の中で最大の予防できる単一の原因(WHO)とされ、日本の喫煙率も年々低下してきました。
しかし,先進諸国の中では欧米と比べ、まだまだ日本の喫煙率は高いのが実情です。
smoking_cessation1.jpg
また最近の傾向として若い女性の喫煙率が上昇していることが問題となっています。
WHOの統計では日本国内で年間10万人もの方々がタバコが原因で亡くなっていると考えられます。
これは交通事故死亡者数の10倍以上もの数字です。


◎なぜやめられないの?

日本国内でも健康増進法の施行など、嫌煙運動が盛んになり,喫煙者は肩身の狭い思いをしなければならない機会も多くなってきました。
今までに何度か禁煙にチャレンジした人も、なかなかやめられないのがタバコです。
なぜでしょう?
それは喫煙の本質が「ニコチン依存症」だからです。
ニコチンは脳に直接働きかけ、それなしではいられない「依存」状態を作り出します。

タバコをやめれば、体内のニコチン濃度が薄まるため、脳は再びニコチンを欲します。
このため、またタバコが吸いたくなるわけです。
これは覚せい剤などの麻薬の中毒症状と基本的に同じメカニズムです。

ニコチン依存症から離脱するのは、並大抵の努力では乗り越えられません。

禁煙者が増えれば、病気が減り、病気が減れば医療費も下がる。
これに気づいた厚生労働省は、ようやく重い腰をあげてくれました。(遅すぎた感はありますが)

日本でも「ニコチン依存症は病気である」とやっと認められ、禁煙治療に健康保険が使えるようになったのです!


◎「貼る」ニコチンパッチ製剤と「飲む」チャンピックス

ニコチンパッチ剤では皮膚に1日1枚を貼付することで、ニコチン成分が徐々に持続的に体内に供給され、離脱症状を軽減することができます。
パッチ剤は3種類の用量があり、初めは高用量を貼付し、しだいに少なくしていき、約2カ月でパッチなしで禁煙ができることを目標とします。

また、飲む禁煙補助薬「チャンピックス」が平成20年5月より発売になりました。
当院では原則的に「チャンピックス」を使用します。
ニコチンパッチより成功率が高い事が報告されているからです。
ニコチンパッチよりさらに高い禁煙成功率が報告されており、またパッチでは皮膚がかぶれてしまう皮膚の弱い方には朗報です。
チャンピックスは原則3ヶ月の治療期間を要し、2週間毎の診察が必要です。
詳しくはファイザー製薬のHPをご覧下さい。
smoking_cessation2.jpg
現在は禁煙外来初診の方は、特別な希望のない場合はチャンピックスでの治療を勧めております。


◎いくらかかるの?

禁煙治療は、すべての医療機関で健康保険が使えるわけではありません。
当院のように、必要な一定条件を満たした医療機関においてのみ、保険診療が認められています。

こくの医院は敷地内禁煙の宣言、呼気中CO濃度測定器の設置などの必要条件を満たしており、保険診療を当局から承認されております。

おおよその目安ですが、3割負担の場合、2週間毎の診察で自己負担分は1回3,000円程度です。
1ヶ月約6,000円程度なので、タバコを1日1箱吸う方なら、1月のタバコ代約9,000円と比べても安いですね!


◎タバコをやめてみたいんだけど・・・

まずは当院にいらして下さい。
タバコの害について正確な知識を持っていただき、診察を受けた上で適切な禁煙プログラムを開始いたします。
これまでにも多くの方が禁煙に成功しています。

午後の診察時間帯ですと比較的ゆっくりお話ができるので、午後の受診をお勧めします。

「いままで何度も禁煙にチャレンジしてもうまくいかなかったけど,今回はラクにやめられた!」「ごはんがおいしい」「体が軽くなって健康な自分を取り戻せた!」など、多くの喜びの声を外来で耳にします。
さあ、迷っていないで、自分のためにも、ご家族のためにも、職場の仲間のためにも、禁煙外来でお待ちしております!

スマートフォンでご覧の方は
下の電話番号をタップして↓↓↓当院に電話をかけられます。

お知らせ

平成30年度インフルエンザ予防接種について

2018-09-27

当院では10月中旬よりインフルエンザ予防接種を実施しております。 特に予約は不要です。十分なワクチン数を用意しておりますが、在庫がなく...

年末年始の診療について

2017-12-20

今年度の年末年始の診療体制についてお知らせいたします。 来年もこくの医院をよろしくお願いいたします。 ...

平成29年度インフルエンザ予防接種について

2017-10-25

    当院では10月中旬よりインフルエンザ予防接種を実施しております。 特に予約は不要ですが、今年度はワ...

ほっと新庄デイサービスの経営移管について

2017-07-25

下記の通り、当院で経営しておりましたほっと新庄デイサービスセンター及びほっと新庄居宅介護支援事業所の業務を、有限会社カイセイカンパニーに移管...

鮭川村立鮭川中学校において、喫煙防止教室の授業を行いました

2017-07-20

鮭川村立鮭川中学校において、平成29年7月20日、喫煙防止教室の授業を行いました。 ...

鮭川村中央公民館において、胃がんとピロリ菌についての講演を行いました

2017-02-16

平成29年2月16日鮭川村中央公民館において、院長が胃がんとピロリ菌の関係について講演会を行いました。 ...

新庄市立萩野学園において、喫煙防止教育の講演を行いました

2016-12-01

平成28年12月1日および8日の2回、新庄市立萩野学園において、小学生高学年を対象に喫煙防止教育の講演を行いました。 ...

院内の照明を、すべてLED化する工事が完了しました

2016-11-26

本日、省エネルギーの観点から、院内の照明をすべてLED化する工事が完了しました。 第四電設(株)のご協力により、診療に支障なくスムースに工事...

舟形町立舟形小学校において、喫煙防止教育の講演を行いました

2016-11-17

平成28年11月17日、舟形町立舟形小学校において、喫煙防止教育の講演を行いました。 ...

「目からウロコの糖尿病教室」院長が「ゆめりあ」にて講演しました

2016-11-04

平成28年11月4日、最上保健所主催の糖尿病予防講演会として、「目からウロコの糖尿病教室」が行われ、院長が新庄駅「ゆめりあ」にて講演しました...

スマートフォンでご覧の方は
下の電話番号をタップして↓↓↓当院に電話をかけられます。